【4人目妊娠後期】サミティヴェート病院で出産するときに必要なもの・準備するもの

【4人目妊娠後期】サミティヴェート病院で出産するときに必要なもの・準備するもの妊娠・出産・ベビー

いよいよ妊娠後期目前‼

出産までに準備することをまとめました。

先日、サミティヴェート病院のオンライン出産説明会に参加しました。

情報を集めていたところだったので、
そこで新しい情報も得られましたので一部ご紹介します。

ちょんぷー
ちょんぷー

安静中なのでとても助かりました。
正直サミティヴェート病院出産自体は
2回目なので不安はないのですが、変わったところも
色々あり驚きました。

スポンサーリンク

出産のときはどこに行ったらいいの?

時間内、7:00~22:00のときは第2ビル1階の産婦人科外来へ直接行きましょう。

時間外は第一ビル、入ってすぐにあるスロープを上がって上の救急外来へ‼

救急車020‐222‐222(病院代表タイ語/英語)へかけ、案内に従って
日本語6を押して要請することも可能。ただし有料です。
アソークからで1000~1500バーツが目安とのこと。

スポンサーリンク

サミティヴェート病院出産関連施設の紹介

分娩室

本館三階にあります。
通常分娩室が3部屋、アクティブバース室が2部屋あります。

サミティヴェート病院分娩室

産婦人科病棟

本館4階にあります。

全室個室、母子同室です。
清潔感のある広い部屋で、付き添いの人の宿泊(ソファーベッド)も可能。

アメニティもそろっています。

産婦人科病棟

コロナ禍での出産について

  • 分娩室は大人1名のみ入室可能。立会いする大人は直前にPCR検査必須。(有料:4,500バーツ)
  • 妊婦もPCR検査をする。(無料)
  • 産婦人科病棟への子ども、友人などの入室は可能。
  • food pandaなどのデリバリーは不可

タイで出産・入院時の持ち物

自分で用意するもの

  • 母子手帳
  • 保険証、保険証券
  • 医師のサインが必要な保険書類
  • 出生証明書、出生登録書(スティバット)に必要な書類
  • 授乳用ブラジャー
  • ショーツ
  • 母乳パッド
  • ガードル、腹帯
  • 化粧水、化粧品、コンタクト用品など
  • ドライヤー(貸出可能ですが数に限りがあるそうです)
  • 充電機
  • 退院時のお母さんの服
  • 退院時の赤ちゃんの服
  • 粉ミルク(希望があれば)

病院で提供されるもの

  • 授乳服パジャマ
  • 産褥ナプキン、生理用ナプキン
  • タオル類
  • アメニティグッズ(シャンプー、リンス、ボディローション、石鹸、
    歯ブラシ、ブラシ、ティッシュ、スリッパ)
  • Uの字授乳枕
  • 赤ちゃんのおむつ
  • 赤ちゃんのおしりふき
  • 赤ちゃんの肌着
ちょんぷー
ちょんぷー

結構色々とあるので、あまり準備がいりません。

ちょんぷーが新生児を迎えるため準備したもの

退院の日

  • 日本の粉ミルク
  • 哺乳瓶・乳首
  • ベビードレス(写真用)
  • 新生児用抱っこ紐
  • 新生児用肌着
  • 新生児用の服
  • ベビー布団
  • ガーゼ
  • ベビーバス
  • ベビーチェア

新生児用の抱っこ紐はこれが便利です。
普段はエルゴ派なんですが。

タイにも粉ミルクはいろいろとありますが、よくわからないという方は
日本から取り寄せるとよいかも‼
大缶タイプは固まったり虫が入ったりすると大変なので、小分けのものが
ベター。

こちらでもお勧めをご紹介してます。

ちょんぷーの楽天Room

ちょんぷー
ちょんぷー

日本から取り寄せたり、新しく買いました。
だって捨てちゃったんだもん…

あとはベビーカーを譲っていただけて涙!!!

出生証明書(Birth Certificate)とは

医師が作成する英語の出生証明書。
原本2通もらえます。

保護者が訳を手書き記入し、大使館へ提出できる和訳フォームも一緒にもらえます。

先生の名前のカタカナ書きなどは病院からいただけます。

出生証明書のタイ語版は1通のみで追加発行不可、こちらは大切に保管してください。

出生登録書(スティバット)とは

タイ区役所が発行する登録書です。

タイで出生した赤ちゃんは国籍にかかわらず2週間以内に出生登録書の
交付を受ける義務があります。

届け出は病院がやってくれて、発行まで1週間程度かかります。

こちらは、出国する時に必要となります。

また他国VISA申請の時にのちに必要になることも‼

出生届とは

在タイ日本大使館へ提出する届け出のこと。

外国で生まれた子の出生届は、出生から3か月以内の届け出が必要です。

大使館出生届詳細はこちら

  • 出生届(大使館にあります)
  • 出生証明書又は出生登録証 原本及びコピー1通
  • 出生証明書又は出生登録証和訳文 1通 ※翻訳者名を必ず明記
  • 戸籍謄本(又は抄本)の提示※手元にない場合は必要なし

パスポートができるまでの流れ

出生届が受理され戸籍に入るまでに1か月半程度かかります。

戸籍に入ったかどうかを電話で確認し、
戸籍謄本を日本から取り寄せて、いよいよパスポート申請をすることになります。

申請時に必要になる赤ちゃんの写真は病院で撮ってもらえます。

受け取り時は赤ちゃん本人が大使館に行く必要があります。

パスポートができてからVISAなどの申請に入ります。

ちょんぷー
ちょんぷー

三女のパスポート写真が別人でやっと新しくなったところでしたが
またしても新生児写真…。
冗談で誰?違うじゃん!みたいなリアクションはされますが、
ちゃんと通してくれますけどね。

サミティヴェート病院へ要提出の書類

  • 記入済みのBirth Certificate Application Form
    出生証明書および出生登録書の申請用紙
  • 両親のパスポート写真掲載面のコピー1部ずつ
  • ワークパーミット写真掲載面コピー1部
  • 出産パッケージ申込書

ご自身の保険など前もって調べておこう

  • 出産のときも保険が下りるのか、その範囲は
  • キャッシュレスは使えるか
  • 日本の出産一時金はどういうタイミングでもらえるのか

などは会社や保険会社に確認しておきましょう。

また、ご自身加入の民間の保険が使えることもあるので
調べておくことをお勧めします。

サミティヴェート病院出産パッケージ

出産パッケージは全員が使えるわけではありません。

出産パッケージ

自然分娩(72時間)89,900バーツ
自然分娩(96時間)148,000バーツ
帝王切開(96時間)119,000バーツ
帝王切開(144時間)198,000バーツ

サミティヴェート病院2021年出産パッケージはこちら

リスクの高い出産や早産など、パッケージが使えない場合は
高額な費用が掛かる可能性がありますのでご注意ください。

例えば、

自然出産:20~25万バーツ(4~5日入院)
帝王切開:25~30万バーツ(6~7日入院)

赤ちゃんがNICUに入る場合など、1日1万バーツ程度かかる可能性が
あるようです。

それにしても4泊コース魅力的~。
フェイシャルエステに梅の花お祝い膳、ニューボーンフォトだって‼

ちょんぷーはそれを目標に安静頑張るぞ~~!

サミティヴェート病院出産入院説明会

サミティヴェート病院出産入院説明会はこちら

こちらのリンクから申し込んでみてくださいね。
2か月に1回のペースで開催されています。

必要な書類などももらえますし、不安の解消にもつながるかと思います‼

まとめ

いかがでしたか。

今回はサミティヴェート病院で出産入院に必要なものをまとめました。

ぜひ時間があるときに準備をしておきましょうね!

タイトルとURLをコピーしました