パタヤ子連れ旅のすすめ‼タイのビーチ事情とおすすめ観光スポットに迫る

当ページのリンクには広告が含まれています。
パタヤ子連れ観光
  • URLをコピーしました!

バンコクから車で2時間ほどで行けてしまう身近なリゾート、パタヤ。
都会の喧騒から離れビーチでゆっくりするのに最高です。

子どももパタヤが大好き。
ここ最近でも2回ほど行ってきましたので行き方とビーチについて
まずご紹介します。

ちょんぷー

パタヤのビーチは泳げないなんて誰が言った?
場所を選べば泳げると思いますよ‼

海外行くなら海外旅行保険付きクレジットカードが必須。
発行まで時間がかかるので今すぐ申し込みがおすすめ‼

目次

パタヤへの行き方

車を予約して行く

日本語で予約できておすすめなのが都レンタカーさん。
詳細はこちらへ。

エカマイからバスで行く

エカマイバスターミナル発のバスでも行くことができます。
乗り心地もよく、なんと119バーツで利用できます!

「PATTAYA」と書かれたチケットカウンターがあるので
そちらでチケットを購入してください。

ただ、トイレがない場合がほとんどなので
子連れの場合は車の予約がお勧めです。

空港からバスで行く

スワンプーム国際空港1階の8番出口付近には、
パタヤまたはホアヒン行きのチケットカウンターがあります。

バスの料金は130バーツ(2019年情報)

午前7:00〜午後22:00までの間、1時間おきに出ています。

Klook.com

タイのビーチ事情:パタヤの海ってどうなの?

パタヤの海は汚い!泳げない!!なんてよく聞きますが
大洗や千葉の海よりずっときれいです。

ちょんぷーのタイミングが良いのかゴミだらけだったことなんて一度もありません。

時期や場所にもよると思います。

ちょんぷー一家は毎回余裕で入ってます。

パタヤで遊ぶ子供

タイにはサムイやクラビなど有名どころの海が
かなりきれいな緑色なのでそんなところと比べたらいけませんよ。

サムイの海
サムイの海
バイキングケーブ
バイキングケーブ(ピピ島)

パタヤの海は透明度は期待できませんが、
少しでもきれいなビーチを楽しみたいならスピードボートで
ラン島やサメット島に行ってみたらもっとキレイです。

サメット島はパタヤ近くのバンペー港からスピードボートで15分です。
もう白い砂浜ですね。

6月に行ったのでシーズンではなく透明度は高くありませんでしたが
充分きれいでしたよ。

スピードボートは縦揺れが激しいので、お子さんは怖がるかもしれません。

うちの場合は通常の船がトラブルで大変なことになったので
スピードボートに乗り換えたのですが、行きは泣いていました…。

あわせて読みたい
【子連れサメット島旅行記】船から出火‼子連れスピードボートでの注意点 子連れでサメット島を旅した時に、船から出火したんです。そんなびっくり経験と、子連れスピードボートでの注意点についてお伝えします!ついでにサメット島の魅力もお届けします‼

万が一を考えて子ども用のライフジャケットは持参で行きました。

サメット
サメット島

それから割と賑やかではありますが、うるさくてたまらないほどではないですね。

この辺りは宿選びが重要かもしれません。

パタヤの有名ビーチ

パタヤビーチ

ビーチロード沿いのハードロックホテルやインペリアルホテルなど
ホテルがたくさん並ぶエリアにあるビーチはこんな感じ。

割と人が多くいつも賑やかです。

ハードロックホテルをGoogle mapで開く

パタヤビーチ

ビーチはそんなに汚いとは思いませんでしたが、
団体客がゴミだらけにする時もあるようです。

ホテルのプールが充実しているところを選ぶと子どもは楽しいかもしれませんね。

ハードロックパタヤは、メインビーチが目の前にあり
プールも大きく土曜日は泡パーティがあったり、とても楽しいホテルでした。

ハードロックホテルパタヤ
ハードロックホテルパタヤ

ハードロックパタヤのお得な予約はこちらから

ジョムティエンビーチ

メインから少しだけ離れたジョムティエンビーチはローカル感満載!!

ビーチもきれいなところが多かったです。

ジョムティエンビーチをGoogle mapで開く

ジョムティエンビーチ
ジョムティエンビーチ
ジョムティエンビーチ

ここはタイ人がほとんどで日本人は見かけませんでした。

席は一席40Bを支払うと使用できます。子どもはフリーにしてくれました。

物売りもたくさんやってきてちょっと面倒なところもあるけれど
ベンチも使え、飲み食いもできるしなかなか楽しかったです。

食あたり防止のため火の通ったものにすることをお勧めします。

ソムタムはやめておきました。

ジョムティエンビーチのあたりはお店は多くないのですが、
ホテルも食事も安かったです。

このホテル、ロフトのようになっています。

プールは小さいしリゾート感はないのですが1000バーツ代で泊まれるときも!
近くになかなかおいしいレストランもあり、夫がとても気に入っていました。

シークレストバイジョムティエンのお得な予約はこちらから 

パタヤ子連れ旅におすすめ
Ramayana Water Park(ラーマヤナ・ウォーター・パーク)

パタヤにはタイ最大級のウォーターパークがあります。

ビーチやホテルで遊ぶのに飽きたらこちらへ!
ちょんぷー家は三女が赤ちゃんの頃に行きました。

暑かった…。

ラマヤナウォーターパーク
ラマヤナ

広い敷地にたくさんのスライダーやプールがありますよ。

レストランもあり、遊んで食べて、子どもは一日遊んで大満足でした。

KLOOKにお得なチケットがあるのでチェックしてくださいね‼

ラーマヤナ・ウォーターパークのお得なチケットをKLOOKで見る

ラマヤナウォーターパーク送迎付きお得なチケットはこちら

Ramayana Water Park(ラーマヤナ・ウォーター・パーク)
営業時間:10:00 ~ 18:00
定休日:なし
住所:9 Moo 7, Ban Yen Rd., Na Chom Thian, Sattahip, Chon Buri, Thailand 20250
Googlemapで開く
料金:大人1,190B(122cm以上)子供890B
HP:https://www.ramayanawaterpark.com/

その他パタヤおすすめ観光情報はこちら

まとめ

いかがでしたか。

今回はパタヤのビーチ事情と子連れパタヤ旅行のおすすめ観光スポットについて
ご紹介しました。

パタヤの海は泳げないほど汚いということもありませんが
念のためプールが充実しているホテルを予約するのがおすすめです。

バンコク旅行の際に1泊でも少し足を伸ばしてビーチを楽しむこともできます。

ぜひご家族で楽しく南国ビーチリゾート気分を味わってみてくださいね。

海外では病院代が高額になりがち。お得に済ませたい方は旅行保険付きクレジットカードが必須です。
年会費の安いクレジットカードを今すぐチェック‼

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

バンコク&シンガポール《海外在住10年》の4人子育て中ママ。
日本で2人、タイで2人出産し家族でタイ周辺国制覇‼
「旅育」を意識した大家族海外旅行、刺繍、習い事、おいしいものにアンテナを張り日々を楽しく過ごすことが得意。
インターナショナルスクール、日本の公立、海外日本人学校に通わせバイリンガルを育てている経験からの教育情報、実際暮らしたタイ・シンガポール観光情報、海外お得情報についてつづります。

目次