4人目妊娠前半の記録‼初期トラブルと出生前診断

4人目妊娠前半の記録‼初期トラブルと出生前診断タイ・バンコク子育て

どうも、ちょんぷーです。

オンライン授業も終わり、日常が戻ってきたら戻ってきたで
忙しいですね。

あっという間に日々が過ぎていきます。

さて、4人目妊娠中の方や、4人目妊娠が発覚して悩んでいて
このブログにたどり着いた方も多いようです

妊娠初期トラブルと出生前診断についての詳細、
4人目妊婦生活って実際どうなの??ということについて
まとめたいと思います。

お腹がものすごく大きくなってくるし胃はすっきりしないし
大変です、ハイ。

でも赤ちゃんはかわいいですね~‼

スポンサーリンク

4人目妊娠初期記録・ハイリスク妊婦として

これまでの経緯をまとめます。

妊娠発覚から意を決するまではこちら。

発覚したのは昨年11月半ばのことでした。

それからが大変でした。

12月頭には出血が起こり、またいつものか~なんて思っていたら
子宮頚管ポリープが4つも見つかり突然の切除。

先生が長い棒みたいのでぐりっとその場でとるんですよ。

衝撃でした。

痛みはそんなにないのですが、止血のためしばらくガーゼを
ぐるっとされるのが痛かったです。

後で詳しく述べますが、11週頃出生前診断を受けます。

血をたくさん取るのと尿検査のみ。

14週前のなんと元旦の日、エンポリに出かけたら、服に染み出すほどの出血。

サミティベ緊急受診です。

誰もいない病院で車いすを使うように言われました。

押していただき、至れり尽くせり。

赤ちゃんは無事でした。

1月4日、担当の先生のチェック。

胎盤の位置が悪いが
出血が収まるまで様子見とのこと。

1月末、子宮頚管2.3センチとのことでペッサリー挿入。

これもその場でぐっと入れられます。

軽くいきんでといわれて怖すぎる~と思いました。

今回は痛み・違和感なし。

いわゆる切迫早産の状態ですね。

あまりたくさん歩かないように、旅行は相談してくださいといわれてます。

日本ではペッサリーを入れて子宮口に蓋をするような施術は行われず、
縛るか、安静かになると思います。

次女の時は入院していましたから。

でもタイだとこれを入れるだけで日常生活を送れるので
私はとても助かっています。

もちろん経過観察は大切ですが、子宮頚管を支えてくれるようです。

スポンサーリンク

出生前診断受ける?受けない?

11週前後で出生前診断を受けます。

タイの場合は、日本で2013年に認可された
「新型出生前診断(NIPT:Non-invasive prenatal genetic testing)」
が普及しています。

  1. 2万バーツくらいする99%の精度でダウン症候群、18トリソミー、
    13トリソミーの3種類が検査可能
  2. 8,000バーツくらいでダウン症染色体1種類のみがわかり90%の精度、
    2回採血をするもの

があり35歳以上はほぼ強制的に受けさせられます。

以前34歳で、どうしてもというなら②の方を受けるといったら
さんざんもう35なのにと4Dの先生に脅されこちらも頭にきて
どちらにしてもおろす気はないので‼と啖呵を切り
嫌な思いをしました。

今回はもうちょい年齢が上になっているので、①を受けましたよ、ええ。

ちなみに、タイは中絶は違法と聞きましたが、

もし何か問題があって
おろすとなったときに時期的に間に合うのですか?

と念のために聞きました。

だって中絶は12週まででしょう??

そしたら先生、

ハイ、何かあったら26週くらいまでおろせますよ‼

ですって。
だって死産届とかいるし産むわけでしょう?
全然もう無理だよ先生…。

そこら辺の感覚、日本とは違うのかもしれませんね。

出生前診断も強く断れば断ることも可能だと思いますが、
先生によってはかなりしつこく言われる可能性ありです!

出生前診断受けてよかった?

私の場合は、4人目ということとハイリスクであるということが
重なっているので、今回は命を懸けて産むわけにもいかないので
受けてよかったですね。

異常がないことだけではなく、性別がわかったのが嬉しかったです。

なんと、男の子~!!!

男の子を育てたことがないのでとっても嬉しいです。

4姉妹で若草物語でもよかったんですけど、やはり嬉しいですね。

遺伝子レベルで男の子だと分かっているので、間違いないはずなので
準備がしやすくて助かります。

もともと赤ちゃんグッズはないうえに、女の子のものしかないので
買いなおしですけど(笑)

妊娠って保険は使える?使えない??

原則的には使えないようです。

会社が負担してくれるのか、切迫等異常があった場合だけ使えるのかなどは
個人個人違います。

  • 妊娠は病気ではないということと
  • 定期検査は保険対象外ということ

が基本的な考え方のよう。

つまり結構高額な負担がかかりますので注意してくださいね。

ちょんぷーも、キャッシュレスは使えるのですが
少なくとも初診の3500バーツほど、出生前診断の2万バーツは
自腹になりそうです(涙)

日本でチェックするよりだいぶ高いですね…。

ご自身の保険を確認してくださいね。

4人目妊婦生活、実際どう??

オンラインもあったりして、3人見て大変だよねって多くの人に
心配いただくんですが、

マジで寝てました(笑)

上二人は基本的にサポートがいらないし、
授業形式だったのでさぼっていないか見張っているくらいでよかったので
助かりました。

ほぼ動けない時期は家事を夫と子どもたちで分担してやってくれたし、
デリバリーもとりに行ってもらったり、お友達がご飯を作って届けてくれたり
お友達と長女が買い物に行ってくれたり、本当に周りに助けられたなと
感じます。

夫が仕事後早く帰ってきてご飯を作ってもらっても時間的に間に合い、
子どもたちは急いで寝なくて済んだので

オンライン様様‼でした。

ソファーで爆睡する姿が映ったんじゃないかと冷や冷やでしたけど(笑)

こんな感じで子どもたちも大きくなっているので、4人目が生まれた後も
頼りながらみんなで育てることができて、
実はそんなに大変じゃないんじゃないかな?と考えています。

兄弟3人いることで、3人で遊べるのでステイホームでも
全くつまらなくなかったみたいですし。

ずっと見ていなくても命にかかわることはないし大丈夫な年齢(4歳以上かな?)
というのも大きいですね。

今までとは違う‼

学校が始まってからの方が忙しくて死にそうです。

今は動けるんですけどね(笑)

一人では絶対に無理‼周りに頼ろう‼

こんなちょんぷーでも育児は自分の仕事だと思って
一人で抱えていた時期もありました。

でも特に3人目からは本当に無理でした。

素直に夫に頼りまくるようになったら、家族もいい感じに回るようになりました。

やはり、みんなで協力することが何よりも大切ですね。

まとめ

いかがでしたか。

今回はハイリスク妊婦なちょんぷーの妊娠初期についてまとめました。

4人目ができて悩んでいる方や出生前診断について不安な方の

参考になったら幸いです。

一緒に楽しみましょう‼

 

 

タイトルとURLをコピーしました