バンコク出産レポート①サミティベート病院でハイリスク妊婦でも快適出産

バンコク出産レポート①サミティベート病院でハイリスク妊婦でも快適出産タイ・バンコク子育て

もう約4年前の話になりますが、バンコクのサミティベート病院で出産しました。

ちょんぷーは何を隠そうハイリスク妊婦

妊娠のたびに出血し子宮口が開き切迫流産・切迫早産になるのです。

3人ともですよ‼

そんなちょんぷーが海外出産をした話をご紹介します。

ちょうどサミティベート病院の新生児病棟等がリニューアルした

タイミングでした。

結論、一番良かった。

スポンサーリンク

タイで妊娠発覚

3人目そろそろほしいなと思ったタイミングで妊娠が発覚。

ちょんぷー、上二人は地元の個人病院で出産しました。

長女の時も切迫流早産を経験し、37週と2日で陣痛促進剤を使って出産。

自然分娩ですが微弱陣痛が3日くらいあったので意識もうろうとしながらのトラウマ出産。

しばらく体調不良でしたね。

次女の時は1か月ちょっと入院となり、点滴が痛かったけど快適な入院生活。

少しでも状態が悪くなったら大病院搬送といわれていてハラハラでした。

出産自体は同じく37週と2日で陣痛促進剤を使っての出産。

もうトラウマすぎたので麻酔医に鼓膜外麻酔をしてもらう無痛分娩にしましたが

3日で退院できるくらい産後が快適でしたね。

背中に麻酔するので怖かったですけどね…。

毎度子宮口が5cm、平気で出産1か月前から開いてしまい(全く痛みなく分からない)

いざスタンバイとなると微弱陣痛で、陣痛がのらないので促進剤というのが

お決まりパターンのようです。

スポンサーリンク

サミティベかバムルンか⁉で悩む

バンコクのスクンビット周辺には大きな病院が3つあります。

  • サミティベート病院
  • バムルンラード病院
  • バンコク病院

これらのうち、サミティベート病院はスクンビット49にあり、家から一番近いのです。

サミティベート病院

通う人が多い分、悪い評判も聞くんです。

バムルン病院はサミティベート病院よりもしっかりしたイメージがあるのは確かなんですが

それもよくわからないし、いかんせん遠い。

私は人より多く通院する必要があるだろうと分かっていたので

迷わずサミティベを選びました。

それでもやはり周りから、「やめておいた方がいい」とか、「亡くなった人もいる」

とか不安になることも言われました。

でも、無事に出産している人も多いわけで感じ方はひとそれぞれだし、

そもそも出産は命がけだから最悪なことが起こることも決して少なくないのはよく知っています。

サミティベート病院がもし本当に不安になるようなことが多かったらやめようと

まずは行ってみることにしました。

妊娠中の思い出~出産までのレポート

切迫流産になる

特に先生も指定せず、最初は検診。

基本的に日本語の通訳がつくので、言葉の面は安心。

時々困った通訳さんがいるのは確かですけど、たいがい問題なくすみます。

タイの場合驚くのは検診の時の自分と先生を仕切るカーテンがないこと‼

診察スペースとの仕切りはもちろんありますが、

先生の部屋のベッドでそのまま見てもらいます。

最初は戸惑うけど、あのカーテンってむしろ何なんだ?と思えてきます。

妊娠がわかると母子手帳がもらえます。

サミティベ母子手帳

※中は日本語です‼

割とすぐにもらえたので、

これでだめだったらとか軽くよぎりましたが…。

いつもながら切迫流産になり鮮血の出血をしながらも、赤ちゃんは無事に育ってくれ

流産止めの注射に24時間ごとに連続で通うこともありました。

お尻に注射でめっちゃ痛いんですよね。

指定時間が夜だったので夫の車を借りて、夫は子どもがいるので自宅待機、

私は一人で通院。

24時間病院がやっているというのは本当にありがたいです。

先生と軽く喧嘩する。チェンジ。

妊婦検診

何度目かの検診の時、

「最初にここに来いといったのに採血をどうして先にやっているのか」

と先生に突然キレられて

「私は先にここにきて、その旨も看護師さんに言ったら、

先に採血で大丈夫」といわれたんだ

と説明。

「それは誰だ?」

なんてすごくイライラしていてしばしピリピリムード。

結構な剣幕であまりにも腹が立ったので

「それは私が悪いんですかね????」

といったら、

通訳さんもあわあわしだして、先生も少しやばいと落ち着いたよう。

再度採血になったのも納得いかないし

なんか嫌な雰囲気になったのでこの先生は嫌だなと思いました。

病院側の伝達ミスじゃないのかね⁉

その先生とセットだったエコーの先生がまた態度が横柄で、

妊娠初期(10~13週ごろ)に受けるスクリーニング検査で

①値段もめっちゃ高い遺伝性の疾患から血液型までよくわかるスクリーニング検査

②普通でちょっとわかるスクリーニング検査

③最低限の検査

①~③あるけど年齢的に①だよね、って感じだったので、

「いやいや待て待て、年齢的にって私まだ35歳になってませんし」

といったら

「もうすぐじゃん」

というので、「いいえ、まだはまだです。それに異常があってもおろすという選択肢は

考えていないので最低限で結構です‼」

と言い放った。

しばらくカッカしていた出来事。

年齢‼35歳以上の妊婦なんてたくさんいるしまず失礼すぎる。

子連れで検診行っているわけでこっちも大変なんだよ‼

先生決定。

日本人窓口に、先生を変更したいと相談。

無礼については謝ってくれましたが、あなたのせいじゃないですし…という感じ。

とりあえず日本人に人気で日本語も話せるプラピー先生に。

和田アキ子のような背の高い先生でとても好印象。

しかし、日本語は話せますがよく聞き取れません(笑)

なまじ日本語が話せるときは通訳がいないので、時々だいぶしんどいんですよね。

とはいえ、普通にしっかりみてくれました。

安定期を過ぎてからは結構サミティベで偉い、

ブンシー先生とのWチェックに。

Boonsri Chanrachakul - タイのバンコクにある国際病院(日本語対応可)- サミティヴェート病院

エコーなど細かく見てくれて、安心でした。

最近は日本人の分娩担当も多いようです。

費用は倍になりすごかったですけど。

※通常の妊婦検診は自腹です。ちょんぷー夫の会社が入っている保険は切迫流早産に対しても
全額キャッシュレスで支払ってくれたのでめちゃくちゃ助かりました。
調べてみることをお勧めします。
エコーなどの画像は毎回DVDにしてくれます。
立派すぎる…。
サミティベエコー

案の定切迫早産の絶対安静

妊娠

28週あたりから切迫早産でもう子宮口が3cm開いてしまい、子宮頚管も1.3cmしかないなんて言われ

2人目の時と同じだしまた入院かあと思っていたら

ペッサリーという避妊具を挿入することで子宮口に蓋をする

という施術をその場で。

軽く震えますし、生まれそうに痛かったし、違和感しばらくすごかったのですが

入院することなく家でゴロゴロしながら子どもたちと過ごせ、時々ランチまで行ってしまえたのは

これのおかげなのでタイ最高‼と思いました。

ソファーでゴロゴロしながらタイ地図刺繍を仕上げました‼

しかしこのあたりから病院内での移動に車いすが用意され、歩くなという指示に変わりました。

やばいんじゃん私‼

続きます。

まとめ

結構前の記憶を呼び起こしながら一気に書きました。

昔の写真を見ていたら赤ちゃんってかわいすぎる。

サミティベ出産、なかなかよかったですよ‼

 

タイトルとURLをコピーしました