【ラオス子連れ観光!!】ルアンパバーンおすすめ観光スポットと5つの注意点を紹介

【ラオス子連れ観光!!】ルアンパバーンおすすめ観光スポットと5つの注意点を紹介ラオス

ラオスのルアンパバーンって子連れで行っても楽しいかな?

子どもには退屈じゃないかな?

なんて気になった方はいませんか。

タイの隣の国ラオスでこんな刺繍を買うという目的を叶えるために
2泊3日で行ってきました。

おすすめ観光スポットと5つの注意点をご紹介します。

ちょんぷー
ちょんぷー

お買い物が楽しすぎて最高でしたね。

色々と安く手に入りましたよ。

ラオス子連れ観光‼ルアンパバーンへの行き方

バンコク発のフライトは以下の通りです。

  • バンコクエアウェイズ 1日2便(スワンナプーム空港発着)
  • ラオス国営航空 1日1便(スワンナプーム空港発着)
  • タイ・エアアジア 1日1便(ドンムアン空港発着)

我が家はバンコクエアウェイズで行ってきました!
VISAも不要です。

日本からの場合は直行便がないのでバンコク経由になることが多いでしょう。

バンコクからは1時間半ほどで到着です。

ラオス旅行・ルアンパバーンお勧め観光スポット

なんとラオス・ルアンパバーンは街ごとがユネスコの世界遺産!

どこを切り取ってもすてきな街並みなんです。

その中でもお勧め観光スポットをお届けします!

メコン川

壮大なメコン川を眺めているだけでも癒されます。

こちら渡れるみたいでしたがちょんぷーは吊り橋苦手でやめました。

プーシーの丘に登る

150メートルほどの小高い丘なのですが、これはなかなかきつかった!!
子どもたちもよく頑張りました。

丘の上から見下ろすルアンパバーンの街並みはとてもきれいでしたよ。

登り口としてわかりやすいのは王宮博物館前の階段です。

階段を登りきると絶景が広がりますよ!

ワット・シェントーンやワットセンなど寺院の見学

ラオスの寺院はまたタイとは違った魅力があります。

お勧めは「最も格式高い寺院」であるワット・シェントーンです。

1560年に建立され、複数の屋根が重なって大きく湾曲している
「ルアンパバーン様式」のお寺なのです。

ワット・セーン

最高に楽しいナイトマーケットで雑貨を買いまくり

刺繍や雑貨など、タイよりも安く手に入ります。

たくさんの魅力的な品物が並び、とてもワクワクしました。

子供向けのお土産もたくさんあり、子どもも喜んでましたよ。

こんな古布を着た人形もかわいい!!

子どもたちはそれぞれヘアバンドやポーチ、ぬいぐるみなどを買いました。

早起きして托鉢を見学する

これがメインイベント!という方も多い早朝の托鉢を見学しました。

5時半くらいからスタートするので、子どもも無理やり起こして
連れていきました。

うちは基本早起きなので早く寝せれば大丈夫です。

20人から30人の僧侶が一斉に歩き出すさまは圧巻です。

自撮りに夢中になって邪魔になっている方もいましたので

マナーは守りましょう。

  • 靴や帽子を脱ぐ
  • フラッシュを使用しない
  • 近距離から撮影しない
  • 僧侶に接触しない

これは守るべきマナーです。

厳かな雰囲気ですので、くれぐれも気を付けてくださいね。

どこでもパンがおいしい

フランスの支配下だったためフランスパンがおいしいんです!

フレンチが安く食べられたりもしますよ。

おしゃれカフェもたくさんあり、ご飯はどこでもおいしかったですね。

ラオス料理はベトナム料理とタイ料理の中間のような感じです。
ラオスビール、ビアラオもお試しください!

クアンシーの滝まで足を伸ばす

中心地から車で50分かかるので、ホテルでツアーを頼んでもらいました。

途中にクマ保護センターがあり、クマを見学することができます。

クアンシーの滝はとてもきれい!

滝壺は泳ぐこともできますが、行ったのは12月でとても寒かったため
入る気はしませんでしたね。

震えながら泳いでいる人もいました。

刺繍好きな方に‼ラオス刺繍の魅力を紹介

こんな刺繍、見たことはありませんか?

一時期チェンマイでも売っていたようですが、こちらは現在
ルアンパバーンにしか置いていないようで、残りも少なくなっているとか。

簡易版の、いや雑な?刺繍もあったので、色々と見比べてみてください。

大きなタペストリーも安かったです。

ルアンパバーンお得なツアーはこちら

ルアンパバーンの観光地がぎゅっとつまったお得なツアーはこちら!

※現在停止中

ルアンパバーン治安はどうなの?

実際いった感じですとのんびりゆったりとしていて、全く治安の悪さは感じませんでした。

治安はよいと思います。

しかし最低限ここは気を付けるべき!というところをまとめます。

子連れラオス・ルアンパバーン5つの注意点はこちら

人混みでの置き引き、ひったくり、スリに注意

やはりここは外国です。常に気を付けましょう。

バイクに乗った二人組にひったくられたなんて話も聞きます。

手荷物の扱いには充分に気を付けましょう。

夜間遅くまで出歩かない

夕飯を外で食べるなどは全く問題ないですが、
街中を外れると真っ暗だったりします。

子連れの場合は早めにホテルに戻るようにしましょう。

安全な地域でのホテルを予約する

ある程度人通りのある中心部に近いホテルを予約するといいでしょう。

観光客が多い地域のほうが安心かもしれません。

子どもから目を離さない

当たり前ですが、しっかりと手をつないで目を離さないでくださいね。

迷子になったら探すことは困難です。

虫よけ対策を万全に

東南アジア全体にいえることですが、マラリアやデング熱などが流行します。

虫よけスプレーをこまめにするなど、虫よけ対策は万全にしてください!

まとめ

いかがでしたか。子連れラオスの観光スポットと注意点についてまとめました。

ルアンパバーンお勧め観光スポットは

  • メコン川
  • プーシーの丘
  • ワットシェントーン
  • ナイトマーケット
  • 托鉢
  • クアンシーの滝

 

注意点は

  • 人混みでのひったくりやスリに気を付ける
  • 夜遅くまで出歩かない
  • 安全な地域に泊まる
  • 子どもから目を離さない
  • 虫刺されに注意する

世界遺産の街であり、手刺繍やかわいらしい雑貨が安く手に入り、

料理がおいしいといういいことづくめなルアンパバーンは家族みんなが

楽しめること間違いなし!

迷っていたらぜひ行ってみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました