チェンマイ週末旅行‼中心部(旧市街・新市街)の観光とお土産編

チェンマイ週末旅行‼中心部(旧市街・新市街)の観光とお土産編タイ・バンコク観光

チェンマイ観光のおすすめポイント、いよいよ中心部(旧市街・新市街)編です。

タイ北部にあるチェンマイは、昔はラーンナー王国の首都でもあり

貴重な歴史的建造物がたくさんある古都です。

観光スポット盛沢山なチェンマイの市街地についてご紹介します。

記憶が混同しまくってて、ずっと探していた寺はルアンパバーン

だったようでチェンマイ久しぶりなので行く前に復習してよかった‼
長くなったのでグルメ編は次回に‼

スポンサーリンク

チェンマイ中心部おすすめ移動手段

ソンテオ

バンコクで言うシーローのようなソンテオが
たくさん走っていますので行き先を言って乗ります。

一人いくらなのか、一台いくらなのか確認しておきましょう。

タクシーのように運行しているものと、路線運航しているものと

2種類あります。

タクシータイプはチャーターすることもできます。

ソンテオ

トゥクトゥク・サムロー

料金は交渉制です。旧市街内であれば50~100バーツ、

旧市街から空港などの場合は200バーツ程度です。

GRABタクシー

チェンマイではバンコク同様、配車アプリのGRABタクシーも使えるそうです。

車チャーター

車の貸し切りも便利ですね。

日帰り旅行など時間がない時は車をチャーターしておくと便利ですよ。

空港から行きたいところをまわって空港に帰れますから時間の節約にもなります。

チェンマイ車チャーターはこちら 

スポンサーリンク

チェンマイおすすめ観光スポット中心部(旧市街・新市街)編

堀に囲まれた旧市街とターペー通りを中心に広がる新市街とに分けられます。

お寺もたくさんあるのですが、有名なところをご紹介します。

ターペー門(Pratu Thapae)

街歩きの起点となります。ターペー門を中心に東の新市街と西の旧市街に分かれます。

ターペー門

 

 ワット・プラ・シン(Wat Phra Singh)

ワットプラシン

チェンマイで最も格式が高い寺寺院。

左側奥のライカム礼拝堂に、プラ・シン仏が祀られています。

境内もお堂も広大‼

場所はこちらです。

ワット・プラシン(Wat Phra Singh)
住所:Samlan Rd, Tambon Prasing, Amphur Muang Chiang Mai 50200
拝観時間:9:00~18:00
定休日:無し
拝観料:無料

3人の王像(Three Kings Monument)

ターペー門付近にあります。

中央がチェンマイ王朝のメンラーイ王でチェンマイの街を作った王様です。

左側はパヤオ王国のカムムアン王、右側はスコータイ王国のラームカームヘン王。

それぞれチェンマイ王国の建国に協力を誓い合っている様子です。

行ってたんだ!と写真が出てきたときに軽くびっくりしました(笑)

3人の王像

チェンマイ・ナイトマーケット情報

※2020年現在、観光客の減少により非常にコンパクトになっていたり
場合によっては営業していない可能性もありますのでご注意ください。

チェンマイナイトバザール(Chiang Mai Night Bazaar)

チャン・クラン通りの3階建てのナイトバザールビルを中心に、約700の店が軒を並べます。

17時から24時、年中無休です。

23時を過ぎると店じまいをしているところも多いので早めに行く方が良いです。

向かいにあるカーレー・ナイトバザールはショップとフードコートの複合施設。

近くのアヌサーン市場(Talat Anusarn)も18:00頃からにぎわいます。

サタデーマーケット(ウアライ歩行者天国)

旧市街の南から伸びるウア・ラーイ通り(Wua Lai Rd)が
一時的に歩行者天国となり開催されるナイトマーケットです。

毎週土曜日の17:00〜22:00までの間開催されます。

週末に行くならこちらがオススメ‼

サンデーマーケット(ターペー歩行者天国)

ナイトマーケット

ターペー門から、西の道路上にて開催される大規模なナイトマーケットです。

チェンマイサンデーマーケット

ターペー門からワットプラシンまでの通りがメインとなります。

サタデーマーケット同様、一時的に道路を歩行者天国にして開催され
寺院のライトアップも楽しめます。

毎週日曜日、17:00~22:00の開催でかなりの賑わいを見せます。

チェンマイ・お土産情報

ワローロット市場(Warorot Market)

ワローロット市場

地下1階地上3階の巨大な建物にあるチェンマイ最大の市場。

生鮮食料品、衣類、雑貨など約500の店が入っています。

地元の人もたくさん利用する市場で、お土産はここで揃いそう。

ワローロット市場(Warorot Market)
住所:Chang Moi Rd., Tambon Chang Moi, Amphur Muang, Chiang Mai
営業時間:4:00~18:00
定休日:無し

モン族市場

モン族市場

ワローロット市場の裏手にあります。

チロリアンテープ、刺繍グッズ、カラフルなボンボン、バッグなどが
とても安く揃います。

刺繍大好きなので毎回訪れる場所です。

古布もたくさん‼

モン族市場の古布

業者かって程チロリアンテープ持っているんですけどね…笑

タラートモンでは通じないので疑問に思っていましたが
ガーット・モンというみたいです。これはチェンマイ方言だそう。

ぜひワローロット市場とセットで訪れてください。

モン族市場(กาดม้ง)
住所:Chang Moi Sub-district, Mueang Chiang Mai District, Chiang Mai 50300
営業時間:7:00~17:00
定休日:無し

カサマ(KASAMA)

KASAMA

ニマンヘミンにある、セラドン焼きのファクトリー直営の
アウトレット。

セラドン焼きの食器がお得に購入できます。

Kasama (カサマ)
住所:8/1 Nimmanhemin Road, Chiang Mai
電話番号+66 (0)53 400 442
営業時間:9:00~19:00
定休日:無し

チェンマイ子連れ旅の思い出

チェンマイ子連れ旅

チェンマイへは何回か行っているのですが、三女が4ヶ月で飛行機デビューしてました。

その時は友だちと女子旅だったのですが、さすがにまだ一人で
3人連れていくのは厳しかったので
うちは前日入りして家族旅行しつつ後半ジョインするという形を
取らせてもらいました。

みんなありがとう‼

いつも1泊2日で行くのですが、子連れの場合は1泊がオススメ。
女子旅だったり一人旅だったら日帰りでもOKですね。

子どもはカオソーイなど辛いものは食べられないと思うので、
ガイヤーンだったりカフェだったりをうまく取り入れながら旅するといいと思います。

おしゃれなホテルも色々ありますが、うちは毎回場所と広さ重視で、
ゲストハウスだったり安めの宿で事足りるのもチェンマイの良さ‼

いるだけで景色がバンコクとは違いゆったりしていて、カフェもたくさんあって
魅力的なお土産も買えちゃうなんて最高ですね。

おむつ替えスペースだけはあまり無いので、トイレでさっと替えるなどが
必要になります。

暑い時期は脱水などには充分気を付けて、休憩しながら楽しんでくださいね。

この後、チロリアンテープを買い忘れたことに気が付きまた行くことになるのです…(笑)

最初からしっかり調べていけばよかったんじゃないかって話なんですけど。

ほんとブログを書くようになるまで、行き当たりばったり旅をしていて
しっかり下調べなんてしていなかったので
よくもまあ色んなとこ観光できたなあと思うのです。反省。

まとめ

いかがでしたか。チェンマイにはたくさんの観光スポットがあります。

雑貨もグルメもお寺も…楽しいがいっぱいつまった何度も行きたくなる
チェンマイ、ぜひ楽しんでくださいね。

次回ははじめてしっかり計画を立ててチェンマイに乗り込みますよ~。

グルメ編に続きます‼

 

 

タイトルとURLをコピーしました