バンコクインターナショナルスクール情報②~スクンビット郊外編

バンコクインターナショナルスクール情報②~スクンビット郊外編インターナショナルスクール

バンコクのインターナショナル情報第二段‼

スクンビットから離れたインターナショナルスクールについてのご紹介です。

大会等で行ったことがあったり、友人が通っていたりして知っている

インターナショナルスクールについてご紹介します。

日本語の情報が全くないインターもかなり多くありますからね。

スクンビット周辺だけがインターナショナルスクールでは

ありません‼

スポンサーリンク

Regent’s International School Bangkok (リージェンツインターナショナルスクールバンコク)

Regents

2歳から18歳までが通うBritish系のインター。IBプログラムあり。

イギリス本校はダイアナ元妃の出身校。

外国人割合は50%で日本人の数も全体の5%程度。

IELDという補修クラスが充実している。

小学校の体験入学には2日~3日間の体験入学が必要。

Regent’s International School
住所:
 Bangkok, 601/99 Pracha-Uthit Road, Wangthonglang, Bangkok 10310, Thailand
電話:+66 (0) 2 957 5777 ext 202, 222
LineID:@regentsschoolbkk
HP:https://www.regents.ac.th/
スポンサーリンク

International Community Scool(ICS) (インターナショナルコミュニティスクール)

ICS

4歳から18歳まで通うAmerican Curriculumの学校。

22か国から1010人以上の生徒が集まり外国人割合は45%。

日本人は全体の1%以下。

第二外国語はフランス語、中国語、スペイン語、タイ語。

ESLもしっかりしているがスクールバスは無いので送迎必須。

ウドムスック駅からタクシーで10分程度の距離。

International Community School(ICS)
住所:
 1225 The Parkland Road Bangna, Bangkok 10260 Thailand
電話:+66 2338 0777
E-mail: info@ics.ac.th
HP:https://www.ics.ac.th/

Pan Asia International School(PAIS) (パンエイジアインターナショナルスクール)

Pan Asia International School

Western curriculum Eastern Cultureを掲げるAmerican CurriculumのIBスクール。

3歳~17歳まで生徒数400名程度で30か国から集まる。

日本人は1%以下。

ムスリムの生徒が多いが、Valuesの授業はムスリムとムスリム以外で分かれる。

ESLは無いが日本語が話せる先生によるサポートあり。

施設も広く充実している。

Pan Asia International School(PAIS)
住所:
18 Chaloem Phrakiat Ratchakan Thi 9 Road Soi 67, Dok Mai, Prawet, Bangkok 10250 Thailand
電話:023472280
E-mail:nfo@pais.ac.th
HP:https://www.pais.ac.th/

Keerapat International School(KPIS) (キーラパットインターナショナルスクール)

 

KPIS

American Curriculumの学校。

タイ人が多く通う学校で外国人の割合は30%程度。

シアターなどの施設も充実し、クラスルームも他の学校に比べかなり広い。

Spelling Beeの大会が毎年開催されるのでスクンビット近郊のインター生も

行く可能性があるかも。

Keerapat International School(KPIS)
住所:
58 Moo 9 (Soi Ramintra 34) Ramintra Road,
Bangkhen, Bangkok,Thailand 10230
電話:(+66) 2-943-7790
E-mail:HP Contact Pageから
HP:https://kpis.ac.th/

International School Of Bangkok(ISB) (インターナショナルスクールオブバンコク)

ISB

60か国ほどから1700人以上の生徒が通う

4歳から18歳まで通うIBスクール。

55年の歴史がある学校。

ゴルフ場かと思うほどとても広い敷地で、シアターなど施設の

充実はトップクラスだが、学費も高額。

近所に住みカート通学している人も多い。

住所:39/7 Soi Nichada Thani, Samakee Road, Amphur Pakkret, Nonthaburi 11120 Thailand
電話:+66 (0) 2963-5800
+66 (0) 2 583-5431-2
E-mail:コンタクト予約フォーム
HP:https://www.isb.ac.th/

KIS International School

55か国から700人の生徒が通う1998年設立のIBスクール。

2歳半から入学可能。

広々とした芝生の緑が目を引く学校。

日本人の数も多くないが日本語サイトもあり人気が増している。

KIS International School (Head Office)
住所:
999/123-124 Kesinee Ville
Pracha-Utit Road, Huay-Kwang Bangkok 10310, Thailand
電話:+66 (0) 2274-3444
E-mail:info@kis.ac.th
HP:https://www.kis.ac.th/

郊外のインターナショナルスクールに通うメリット

日本人が多くない環境で語学力が伸びる

普段から日本語に頼れない環境にいると、確実に語学力がアップします。

友達同士のコミュニケーションも英語なので、最初は大変ですが

特に小さいうちは慣れるのが早いかもしれません。

スクンビット近郊インターから移動してくる人も多いです。

校舎や校庭が広い

郊外になると校舎や校庭が格段に広くなり、広々とした環境で学ぶことが可能です。

コンピューター施設、ライブラリ、プール、シアターなど、

どの学校もスクンビット近郊より広い印象です。

体育などでバス移動するところもあります。

プロモーションなどで安く入れる可能性もある

スクンビット近郊に比べて日本人の数が少ないので、日本人が欲しいという学校もあります。

そういう時にプロモーションなどで安く入れることもあるのです。

インターは個人個人学費が違うことも多々あるので、タイミングが重要だったりします。

郊外のインターナショナルスクールに通うデメリット

遠い、通学時間がかかる

これに尽きますね…。

1時間ほどバスに乗っている時間があることを考えると

近い方が時間を有効に使えるのは間違いないです。

ただ、日本人学校に行く場合でも渋滞等で1時間ほどかかることもありますし

遠さを考えても得るものが大きいと考える場合は

選択の価値ありだと思いますよ。

しかし、習い事などの時間は相当タイトになります。

バス代が高くなるかも

このあたりは学校によりますが距離が長くなるとバス代が高くなること

が多いです。

またバスがない学校もあり、送迎必須となる可能性もあります。

日本人がいない分日本語の授業がない

日本語の授業はほぼありません。

しかし、どの学校も必須のタイ語のほかに

中国語、フランス語、アラビア語などをワールドラングエージとして

学ぶことができるのも貴重な経験ではないかと思うのです。

ちょんぷー家の娘は4か国語を学んでいることに

なりますがなかなか楽しんでこなしています。

その分、本をたくさん読ませたり日本語の勉強する時間は必要ですけどね。

郊外のインターナショナルスクールに入れてみての感想

うちの場合、本人が気に入ったので入れましたが

時間的なところは懸念点でした。

やはり朝早くて帰りが遅い

朝のバスが6時半で帰りが16時なので、日本人学校と同じです。

最初は体力的にとてもしんどかったですね。

なので幼稚園は卒園させてからインターに入れて正解だったかなと

思います。

慣れてくると日本人の少ない環境で語学力はめきめきと上達し

問題は日本語だけになりました。

オンラインのおかげで友達と連絡を取り合い英語を話しているので

語学力が落ちる心配もあまりなさそうです。

まとめ

いかがでしたか、ほかにもまだまだインターナショナルスクールはあります。

時間の許す限り選択肢を広げてみると、気に入ったインターが見つかるかも

しれませんね。

ぜひコンタクトを取り見学に行ってみてください‼

タイトルとURLをコピーしました