【カオラック子連れ観光】カオラックへ行こう‼行き方や旅行記を紹介‼

当ページのリンクには広告が含まれています。
【カオラック子連れ観光】カオラックへ行こう‼行き方や旅行記を紹介‼
  • URLをコピーしました!

タイのプーケット国際空港から1時間半ほど北上した場所にある
リゾート、カオラック。

カオラックはプーケットより有名ではないけれど
のんびりと過ごしたい人、シュノーケリングを楽しみたい人にも
最高の場所です。

カオラックへの行き方、ベストシーズン、
子連れカオラック旅行記について紹介します。

ちょんぷー

子ども4人連れ(1歳含む)でシュノーケリングも
楽しんできましたよ!
バンコクから行くのもシンガポールから行くのも
大して時間が変わらないのがGood!
値段はだいぶ変わるけど…

目次

カオラックとは

カオラックのビーチ

プーケット国際空港から1時間半ほど北上した場所にある
カオラック。

アンダマン海に面したパンガー県にあり、ダイビングなどで有名な
シミラン諸島やスリン諸島への玄関口として知られています。

リゾートホテルも多くあり、落ち着いた雰囲気なので
静かにゆっくりと楽しむことができます。

カオラックの場所と行き方

場所はこちら

プーケット国際空港からタクシーで行く必要があります。

空港からもちろん頼めますが、割高なのでこちらから頼んでおくのがベスト!

2番出口から出た先が待ち合わせポイントになっていました。

カオラックのベストシーズンは

プーケットと同様、11月~5月の乾季がベストシーズン
シミラン諸島などへ訪れることができるのもこの時期のみ。

6月~10月は雨季となりますが、スコールが降ることは多くなっても
一日中雨ということは稀なので観光ができないということはありません。

Klook.com

カオラックへ行ってみた!子連れカオラック旅行記

プーケット国際空港から2時間というと結構大変かなと思って
なかなか行こうと思わなかったのですが、
今回思い切っていってきました!

タクシーは大きい車が必要だったのでKKdayから予約しました。

お得なタクシーをKKdayで見る

待ち合わせポイントがよくわからず、アプリからカスタマーサポートに問い合わせたのですが
すぐに返事が来て親切に教えてもらえました。

2番出口のさらに出たところ(セブンのある側)が多くの待ち合わせポイントに
なっていました。

ドライバーさんと合流でき、荷物を積んで出発です。

1時間半ほどあったので、トイレとセブンによっておいて正解でした。

タイに帰ってきたなという感じのぶっ飛ばしタクシーだったし
途中ほかの車にチャイルドシート渡したり、
かなり走ったところで突然止まってほかの車と合流して
トランクを開けるので、え、我が家の荷物!?と
ちょっと恐怖でしたが、普通にまたチャイルドシートを渡していました。

あ、タイだなと(笑)

そんなこんなありつつうれしすぎてタイの景色をガン見していたら
あっという間に無事に…

ホテルに到着。

今回はル・メリディアン・カオラック・リゾート&スパに宿泊しました。
ほかのホテルより遠いとありましたが、全く気になりませんでした。

メリディアンカオラック

初日はビーチとプールを満喫して、タイ料理食べまくり‼です。

2日目は一日シュノーケリングで、その後はプーケットに移動するので
あまりホテルでゆっくりはできませんでしたが、
ビーチもプールもとっても素敵で癒されました。

カオラックでビーチ遊び

ただ、初日。大好きなビーチに入って10分でクラゲに刺されたんですけどね。

スタッフさんの手当ても迅速で、ひどくならずに済みました。

できるだけ早くにアルコールやアンモニアをかけるといいとよくありますが
クラゲの種類によっては厳禁らしく。

酢をかけてくれていました。

その後は腫れも引いて落ち着いたものの、
1週間くらいかゆくてたまらなかったです。

クラゲのタイ語を覚えました。
แมงกระพรุน(メーンカプルン) です。

ホテルについてなどはまた紹介します!

まとめ

プーケットの北にあるアンダマン海の美しいビーチが楽しめる
カオラックへの行き方やベストシーズンなどをご紹介しました。

子連れでも車移動が苦でなければそんなに大変ではなかったので、ぜひ行ってみてくださいね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

バンコク&シンガポール《海外在住10年》の4人子育て中ママ。
日本で2人、タイで2人出産し家族でタイ周辺国制覇‼
「旅育」を意識した大家族海外旅行、刺繍、習い事、おいしいものにアンテナを張り日々を楽しく過ごすことが得意。
インターナショナルスクール、日本の公立、海外日本人学校に通わせバイリンガルを育てている経験からの教育情報、実際暮らしたタイ・シンガポール観光情報、海外お得情報についてつづります。

目次