【タイでしたいこと・お仕立て】バンコクおすすめお仕立て屋さん・個人編とお仕立てのコツを紹介

【タイでしたいこと・お仕立て】バンコクおすすめお仕立て屋さん・個人編とお仕立てのコツを紹介ファッション

前回はタイでしたいことの上位にランクインする、お仕立てについて
特にバンコクおすすめお仕立て屋さんのお店編をご紹介しました。

今回は家に来てくれる、店舗を持たない個人のお仕立て屋さんのご紹介です。

ちょんぷー
ちょんぷー

家にいながらにしてオーダーができてしまうなんて
すごいですよね‼

繁忙期をのぞき、最短だと数日で作ってくれるので、
観光の時にもオススメ‼

スポンサーリンク

個人のお仕立て屋さんはどうやって頼むの?

連絡すると家に来てくれるスタイルです。

何月何日の何時にどこで、という約束をすれば
その時に来てくれてます。

家で採寸して、デザインを決めて、布と一緒に渡してオーダー完了。

支払いの一部を前払いする必要がある場合も多いですので
お金の用意もお忘れなく。

だいたいの納期のチェックをして、出来上がったら連絡があって、
届けてくれますよ。

その時に試着をして、お直しがないかの確認をして
残りの支払いを済ませれば完了。

何人か友人と誘い合ってオーダーするのも楽しいですね。

スポンサーリンク

バンコク個人のお仕立て屋さんの価格帯は?

だいたいみんな同じですが以下の価格帯が多いです。

  • スカート 800バーツ~1,000バーツ
  • ワンピース 1,000バーツ~1,500バーツ
  • カットソー 600~900バーツ

店舗型よりも安いことが多く、デザインによって値段は変わってきます。

バンコクで人気のお仕立て屋さん・個人編

お気に入りこそ写真が見つからずでシンプルデザインがほとんどですが…
それではご紹介します‼

ちょんぷー
ちょんぷー

シンガポールに行ったらまた追加します‼

連絡先はご本人の許可をもらって掲載しています。

ムイさん

  • 縫製もとても上手
  • アフリカ布は水通ししてくれる
  • 英語でやり取りできる
  • 雑誌から作れる
  • 難しいデザインもできる(無理な時は言ってくれます)
  • 時間に正確
  • 人気で忙しい時は来てもらえないかも
  • 値段も安め
  • 仮縫い無し
  • メンズも作れる(別の方が作るそうです)
ムイさん連絡先:081-9895808
Line ID:0819895808(電話番号で検索)
ムイさん仕立て

ムイさんにはアフリカ布からはじまり、パーティドレス、シルクドレス
ツイードワンピなど
かなりいろいろ作ってもらいました。

いつもデザイン通りになって文句なし!です。

時々イベントなどにも出店することがあるので要チェック‼

今や日本人にかなり人気のお仕立て屋さんなのでは?

ムイさん仕立て服

モーさん

  • 衣装を作るのがとにかく上手
  • かぶりものも作れる
  • 小物も上手
  • 一緒に布を選んでくれることも
  • 1,000バーツなど予算内にうまく作ってくれるので幼稚園衣装は大人気
  • 衣装は仮縫いあり
  • もちろん衣装以外の服も上手でタイ人にも人気
モーさん連絡先:094-852-4141
Line ID:p.moo2

モーさんには衣装で何度もお世話になりました。

モーさん

かわいいトナカイの衣装だったり、プリンセスドレスだったり、
とても可愛くジャストサイズに作ってくれて既製品よりも気に入っています。

小物も予算内で作ってくれたりするので、衣装の時期、各幼稚園
各クラスで争奪戦になりますね。

もちろん服の仕立ても上手で、タイ人ママのお墨付きです。

カンポンさん

  • 元気なおばちゃん
  • 時間にとにかくルーズだけどちょっと許せちゃう
  • 予算内に作ってくれるので衣装も人気
  • 幼稚園衣装などを作る時期は、一般オーダーはかなり遅くなりそう
  • 安い、多分一番安いかも。
  • 帽子やかぶりものは苦手そう
  • 布を買ってきてくれることも
  • チェアカバーなど上手に作ってくれる
  • 仮縫い無し

カンポンさんは元気なおばちゃん。
「カンポンやすい~」とよく言います(笑)

本当に安くしてくれるのですが、忙しくなってくると納期がルーズになったりも。

そのあたりは値段だと思って許してあげられる方、ぜひオーダーしてください。

服以外にもチェアカバー、テーブルウェアなども作ってもらいました。

特殊なマットレスカバーも作ってもらいましたが満足の仕上がりです。

タイ仕立て

タイ仕立てカンポンさん

このシンプルなブラックは白のカーディガンなどと合わせたり
ちょっとしたフォーマルにも使えて便利でした。

カンポンさん連絡先:089-014-5652
LineID:089-014-5652(電話番号で検索)

Meawさん(メオさん・ミャウさん)

  • デザインも上手
  • メオブティックというタグが付く
  • メンズも作れる
  • ジャケットやセットアップもOK
  • ごく簡単な英語でやりとりができる。
  • 忙しい時期は納期にルーズになりがちなので注意
  • 仮縫い無し
メオさん連絡先:081-459-1286
Line ID:Saijai44
メオさんにもかなり作ってもらいました。
セットアップのスーツ、ジャケット、ワンピース、授乳服などコレクションはたくさん。
あまり愛想よくはありませんが、上手です。
このセットアップなんかもとても気に入っています。
メオさん仕立て

カンヤさん

  • 上手、デザインも相談に乗ってくれる
  • 納期にルーズ(特に繁忙期連絡が取れないなどあり)
  • 長期休みに入ることがあります。
    2021年12月2日から開始するそう。

一番最初に仕立てをお願いした個人のお仕立て屋さんがカンヤさん。

伸びる素材での巻きワンピと子どものワンピースなどをお揃いで作ってもらいました。

カンヤさん仕立て

あまり愛想はよくありませんが、友達のシャツのコピーなどとても上手に
作ってくれましたよ。

カンヤさん連絡先:0897-20-1340
Line ID:0897-20-1340(電話番号で検索)

個人のお仕立て屋さんに頼む時の注意点

デザインは決めておく

何軒か回っているので当日相談して、という時間は取れないことが多いです。

雑誌や画像でもよいのでデザインは決めておきましょう。

布も用意しておく

布は自分で用意しておきましょう。

たまにいい布があるのでこういのどう?なんてアドバイスをくれることがありますが、
イメージと違う可能性もあると思うので、前もって用意しておくのがベター。

その場にいない人の分を頼む場合は参考となる服を用意する

その場で測ってもらえない場合は、このサイズで作ってほしいという
服を用意すると良いです。

子どもの服も参考となるサイズがあると良いようです。

遅刻は当たり前と心得よ

何軒か回るので、基本的には遅刻は普通。
最悪の場合約束に来ないなどもよくあります。

急ぎの場合は事前確認を忘れずに。

本帰国前などは時間に余裕をもって頼みましょう。

仕上がりはよくチェックする

仕上がったら試着をして、縫製、ファスナーの開きなどチェックしましょう。

お直しが必要な場合はお願いしましょう。

完璧を求めるべからず

手仕事ですので、安く頼んで細かいところでクレームを入れたり、
必要以上に価格交渉するのもやめましょう。

もちろん縫製がおかしかったり、オーダーと違ったりする場合は
やり直してもらえます。

お仕立てのコツ

お揃い仕立て服

布選びは慎重に

布によってデザインが活きなかったり、作れない場合もあります。

ちょんぷーもこのデザインを作りたいと思って布を買ったのに
これではこうならない、と言われたり、また仕上がりがイメージと違うなんてことも。

これがなかなか難しいのですが失敗しながらだんだんわかってきたりもしますので
失敗を恐れず作ってみると良いです。

コットンやリネン系は間違いないのですが、サテン生地、シルクなどは難しいですね。

あとは布の厚さも重要です。

希望ははっきり、しっかり伝える

デザインや切り替え部分はどこにつくる、袖のあるなし、長さなど必ず聞かれるので
はっきり伝えましょう。

また、大量注文する場合、どの布でどのデザインなのか、
兄弟分注文する時に布が足りなそうな場合は、どのサイズから優先して作るのか
など伝えておくとよいです。

デザイン画、値段などのメモは写真をとっておく

なぜかオーダーの紙をなくしたなんて話もあるんですよ。

値段がわからなくなったりすることもあるので、写真を撮っておくのがベスト。

コピーのために渡した服も、なくなったことはありませんが
何を渡したのか覚えておきましょう。

余りの布もいる場合は伝えておく

布が余るとだいたいは持ってきてくれますが、捨ててしまうこともあるので
必要な場合は伝えておきましょう。

繁忙期は避ける

繁忙期とは

  • 4月、10月に向けた本帰国が増える時期
    3月、9月頃
  • 9月~12月のクリスマスパーティのころ

このあたりです。

8月の本帰国が増えたりもするのでなかなか読めないところでは
ありますので、お仕立て屋さんに今忙しいかどうか聞いてみると良いです。

まとめ

いかがでしたか。今回はバンコクおすすめお仕立て屋さん、個人編と
お仕立てのこつについてご紹介しました。

是非お気に入りを手に入れてくださいね‼

タイトルとURLをコピーしました